祇園フォンデュを食す

f:id:molmol850:20150925172249j:plain

シルバーウィーク最後の日だった23日の水曜日は京都に行きました。
 

f:id:molmol850:20150925172130j:image


 
というわけで京都に行ってまいりました
11時に祇園四条に着き、そこから歩いて10分。そこで目撃したのは
長蛇の列でした
 
2時間待ち。と言われてもめげず、待ってましたが1時間後やっと店内に入りました。
 
ここで祇園フォンデュについて説明しよう
 

季節のフルーツやお団子、パウンドケーキをとろりとろけた抹茶チョコレートソースにつけてお召し上がりいただく人気メニュー。宇治抹茶を贅沢に使ったほんのりあたたかな抹茶チョコレートソースの味わいと季節ごとに変わる素材のハーモニーをお愉しみください。

 

試してみました。

f:id:molmol850:20150925173029j:plain

まず2つの重箱とディップ用の抹茶が用意しました。

 

 

f:id:molmol850:20150925173040j:plain

f:id:molmol850:20150925173120j:plain

ディップにするものとして団子やわらびもちやオレンジなどいろいろありました。

最初は

『オレンジ!?イチゴ!?これに抹茶だと!?!?!?けしからん!!すっぱいものにこれ合うのか!?』と思いながらディップしたものとしていないものの味の変化はあるのかな?とためしにやってみました。

 

ここから私の独断であるため鵜呑みにしないでください

まずは抹茶はホワイトチョコレートみたいな濃厚の甘さがありました。

それに一番の組み合わせは

サツマイモでした。

サツマイモにディップしたときはサツマイモ本来の甘さと抹茶の甘さのバランスが平等で噛めば噛むほどサツマイモの甘さと抹茶の甘さが交互に味わうことができ、また食べたいと思いました。

 

もちろん、ほかのものもよかったのですが、イチゴやオレンジはもともと甘酸っぱいため抹茶と合わせて食べたときはすっぱさが目立つのでディップする量を増やして食べたらおいしかったです。

 

フォンデュを終えたら、抹茶にホットミルクを注いでもらい抹茶ラテしてもらいました。

f:id:molmol850:20150925161327j:plain

 

スプーンでかき混ぜて飲むと口の中に濃厚な抹茶ミルクが広がり、一気に口の中が甘くなりました。(つまり、おいしかった)

 

抹茶が好きな方、甘いもの好きの方ならおすすめしたい店のひとつです。

ただし、このお店はレディ・カップルが多く、男性だけはいませんので

男だけの祇園フォンデュを食べてみたいけど女性だけは・・・と抵抗感がある方は

平日の朝をおすすめします。また、休日は観光などで1時間以上待ちが当たり前で15時以降並ぶと祇園フォンデュが売り切れとなる可能性があるため昼ごはんを犠牲にして11時に行くなりしましょう

 

f:id:molmol850:20150925172303j:plain

〒605-0821
京都市東山区八坂鳥居前南入清井町482 京ばんビル2F
京阪本線祇園四条駅」から徒歩10分
阪急京都線河原町駅」から徒歩15分

Tel 075-551-1511  Fax 075-551-1521

営業時間  10:00~18:00<喫茶コーナーの閉店ご案内はお並び状況により早まる場合がございます>(不定休)