伏見稲荷の宵宮祭へ


f:id:molmol850:20150719221148j:image

 

今日の夜から友人と伏見稲荷の本宮祭の前日である宵宮祭に行ってみた。そもそもこのお祭りはどういう祭りなのか、を事前に伏見稲荷の公式サイトで調べたところ。

稲荷大神のご分霊を祀る全国の崇敬者が総本宮に参拝し、日々の御神恩に感謝する大祭で、宵宮には、稲荷山をはじめ境内の全域に散在の石灯篭・数千に及ぶ献納提灯に灯を点ずる万灯神事が行われます。
また両日に亘り外拝殿及びその周辺で日本画家などの奉納による行灯画(あんどんが)400数十点が展観され、参集殿前の広場では本宮踊りが賑々しく奉納されます。

公式はこちらより(・ω・)つinari.jp

ほう、なるほどつまり常に神様への感謝として祭りがあるんだ、と理解し、友人と駅で合流してから京阪で伏見稲荷まで行ってみたら人人人だらけ。3連休で京都に来た方、長期休暇を利用して京都にやって来た外国人の方、私みたいに行きたいと思い行ってきた方などいろんな人たちが伏見稲荷大社に集ってた。

けど景色は本当に綺麗。肉眼でもカメラにも収めたいほどの美しさ。ただ友達と写真撮るなら夕暮れの前をおすすめ。景色も夜だと撮りにくいため目で楽しもう。写真撮るために千本鳥居前が混雑してて前がなかなか進まなかったためイライラしてる方が多かった(私も少しだけイライラしてました)


f:id:molmol850:20150719230525j:image

千本鳥居の前で1枚

あと各自水分補給や動きやすい格好やウェットティッシュやらの持参をおすすめです。りんご飴で口元も手も服もベッタベタになります。

最後に夜の本殿でさいなら


f:id:molmol850:20150720093014j:image